トイレに流せる猫砂は詰まりの原因になる!効果的な対処法を教えます

猫の飼い主必見!猫にまつわるトイレトラブル

トイレ

トイレ詰まりが起こる原因は様々あります。猫を飼っている場合は、猫砂で詰まりが発生するケースもあります。こちらでは猫砂によって引き起こされるトイレ詰まりについて解説します。

トイレの詰まりが起こる最大要因とは

トイレ詰まりが起きる最大の要因は、「トイレに流せる系の商品」です。トイレに流せる系の商品は、最近増えてきていて、流せるトイレ用シート、流せるウェットティッシュなど様々あります。お掃除グッズだけではなく、トイレで流せる猫砂などのペットに関する商品もあります。猫を飼っていて、トイレで流せる猫砂を使っている場合は、その商品が原因で詰まりが起こってしまうのです。

猫砂を取り除く前に~下準備を忘れずに~

トイレ詰まりを直す時は、これ以上被害が拡大しないように下準備を行なっていきます。

トイレに塩を流す

猫砂には、吸水性ポリマーや糊剤が含まれています。これらの成分は塩分に弱いため、トイレに塩を流すことで、詰まりを解消できる場合があります。トイレに塩を流せば、吸水性ポリマーは膨張率が弱くなり、流動性が良くなります。また糊剤は、糊の効果が弱くなります。そのため猫砂が溶け出して、流れるようになるのです。塩なら、どの家庭にもあるものなので、すぐに試すことができます。

ウォシュレットの電源を切る

ウォシュレットはセンサーに反応して、水が出る構造になっています。ウォシュレットの電源を切り、水が溢れるのを防ぎます。ウォシュレットの電源を切る時に注意しておきたいのが、濡れた手で触らないことです。濡れた手で触ると、感電してしまう恐れがあります。ゴム手袋をして電源を切れば、感電防止になるので安全です。また、プラグを外す際は濡れた床に置かないようにしましょう。

止水栓を閉める

止水栓が開いていると、レバーをひねるだけで水が出てしまいます。トイレ詰まりが起きている状態で、水を出すと、下階まで被害が拡大してしまいます。ですからトイレ詰まりが起きた時は、直す前の下準備として止水栓を閉めましょう。

止水栓について

止水栓は、トイレタンクへ水を吸水する排水管に付いていますが、トイレの形状によって設置されている位置は異なります。主にトイレタンクの横辺りか下部にあるので確認してみると良いでしょう。止水栓を閉じる時にはマイナスドライバーが必要になるので、用意してください。止水栓の溝に合わせてマイナスドライバーをしっかりはめ込んだら、時計回りに回します。回すことができたら止水栓は閉まるようになっています。しかし、硬くて回らない場合もあります。力任せに回すと、排水管が折れてしまうこともあるので、硬い時は無理をせずに家屋全体の元栓を閉めましょう。

下準備から1時間ほど経過したら~猫砂を取り除く~

下準備が終わったら、いよいよ猫砂を取り除く作業に入っていきます。すぐにラバーカップを使って作業をしてしまうと、水が飛び散って、トイレが汚れてしまう恐れがあります。ここで説明する手順通りに作業するようにしましょう。

塩を流してから1時間ほど経ったら~ラバーカップを使用する~

トイレに塩を流して1時間ほど経ったら、塩分によって猫砂は溶け出します。その頃合いを見て、ラバーカップを使って猫砂を取り除きましょう。

新聞紙やゴミ袋で床を養生する

まずは、汚水で汚れないように、床に新聞紙やゴミ袋を敷いて養生をします。少量の水なら、新聞紙が吸収してくれます。ただ、水を流すと水の量が増えてしまうので、長さないようにしましょう。

トイレの水位を確認する

水が多い状態で、ラバーカップを動かすと、水が飛び散ったり溢れたりする場合があります。それを防ぐためにも、水位をしっかり確認してください。水の量が多い場合は、水位が便器の上面より10センチ以上低くなるまで待ちます。

猫砂を取り除く

便器の穴にラバーカップを密着させたら、水を送り込むようにゆっくり押します。押すことができなくなったら、水を引き寄せるようにしてラバーカップを引きます。この作業を繰り返して、水が一気に流れるようになれば、トイレ詰まり解消となります。

ラバーカップでも詰まりが直らなかったら

ラバーカップを使用しても、トイレ詰まりが直らなかったら、他の症状や事態の深刻化が考えられます。そのため、水道修理業者に修理を依頼したほうが良いでしょう。下記サイトでは、通常のトイレ詰まり以外の修理対応をしてくれる業者もあるので、万が一のことを考えてリサーチしておきましょう。

猫砂を使っていなくても油断は禁物です

猫砂を使っていない場合でも、猫のウンチが原因で詰まることがあるので注意しましょう。ここでは猫のウンチでトイレが詰まってしまう原因を解説します。

猫のウンチは水に溶けにくい

猫砂を取り除けば、猫のウンチをトイレに流しても大丈夫と思っている人が多いですが、それは大きな間違いです。実は、猫のウンチというのは水に溶けにくいだけではなく、毛繕いによって排出された毛が加わるためトイレ詰まりの原因になりやすいのです。このように猫のウンチは、トイレに流すと詰まりの原因になってしまうため、ゴミとして捨てるようにしましょう。

最悪の場合「詰まり癖」がついてしまうこともある

ラバーカップを使って、トイレの詰まりが解決できるケースは多いです。しかし一時的に問題が解決できたとしても、詰まり癖がついてしまうこともあるので気をつけなければなりません。詰まり癖がついてしまうと、ラバーカップを使っても、直せなくなってしまいます。詰まり癖がついてしまった場合は、重曹が効果的です。重曹と食用のお酢、少し熱いと感じる程度のお湯をトイレに流します。そうすれば詰まりの原因となっている物質を溶かすことができるのです。効果的な対処法なので、猫砂を取り除いた後に対処するようにしましょう。

TOPボタン