トイレ詰まりの最大要因となっている猫砂を変えよう

トイレ詰まり対策の第一歩~捨て方別 猫砂の選び方~

男性

トイレに流せる猫砂は、トイレ詰まりの原因となるので、詰まりを防止したいなら使用するべきではありません。可燃性や不燃性の猫砂などもあるので、生活に合った商品を選ぶと良いでしょう。

猫砂の種類によって捨て方も様々

可燃性の猫砂
可燃性の猫砂なら、可燃ゴミとして出せるので、楽に捨てることができます。可燃性の猫砂は、「天然木」「おから」「ひのき」「再生パルプと紙おむつ用廃材」などの素材を使用しているものです。
不燃性の猫砂
鉱物系の素材で作られている猫砂は、不燃性なので、不燃ゴミとして出します。不燃性の猫砂は、比較的低価格で購入できるので、多くの猫を飼っている人にはぴったりです。不燃ゴミとしてしか出せませんが、臭いの吸収力が強く小さく固まるので、しっかりゴミ箱に入れておけば捨てるのにもそれほど困りません。

処分も楽ちん!【大推薦 システムトイレのススメ】

プラスチックのケースに猫砂を敷き詰められたものが一般的な猫のトイレです。一般的な猫のトイレの場合、猫がおしっこをすると、猫砂が固まってウンチは猫砂に残ります。そして固まった猫砂はスコップで取って、ゴミとして捨てるという流れになります。毎回猫砂の固まった部分を取り除く作業は、とても手間がかかります。しかしシステムトイレの場合は、そのような手間はかかりません。システムトイレとは、レーの上にシーツが敷かれていて、その上にはすのこがあり、さらのその上には猫砂があります。三段構造になっていることで、猫がおしっこをすると、猫砂でろ過されて残った水分がシーツに吸収されるようになっています。また、ウンチの場合もスコップで取って、シーツを交換するだけで良いので猫砂の固まった部分を取り除く作業は不必要なのです。そのため楽に処分を行ないたいという方には、システムトイレがオススメです。

猫砂を変える際の注意点

猫は、とても繊細な動物なので、トイレの場所や素材、形などが変わるとおしっこやうんちを我慢してしまうことがあります。そのためシステムトイレに変えたり、猫砂の種類を変えたりする時は、猫が落ち着いて用を足せるような空間を作ってあげましょう。

猫砂を切り替える際のポイント

トイレの場所に注意
トイレの場所は、無闇に変えないほうが言いです。猫は、1度身につい習慣を、自分から変えることはないので同じ場所にトイレは設置するようにしましょう。
段階的に切り替える
猫が新しい猫砂に慣れるかどうか不安な場合は、段階的に切り替えると効果的です。まずはいつもの猫砂に、新しい猫砂を少しだけ混ぜます。そして猫が慣れてきたら、新しい猫砂の割合を増やし、最終的に全てを新しい猫砂に切り替えることができたら完了です。
猫砂のサイズに配慮する
猫砂を切り替える際は、現在使用しているサイズに近いものを選ぶことも重要です。細かい猫砂から大きい猫砂に切り替えたいなら、1番小さい粒の猫砂に切り替えるようにしましょう。それに慣れてきたら、切り替えたいサイズの猫砂を選びます。そうすることで、スムーズに切り替えられるようになります。

飼い主だって他人事ではない!?~誤った使用法を改善する~

今まで詰まりの原因として、猫砂を取り上げてきましたが、トイレの誤った使用法が詰まりを引き起こしていることもあります。こちらで多くの人がやってしまいがちな、誤った使用法を説明します。

詰まりを引き起こす誤った使用方法

レバーの使用法を見直す
トイレのレバーには、大と小の2つに分かれています。気にせずに使用しているという方が多いですが、レバーを正しく使用しないと、詰まりの原因になることもあります。特に節約のために、常に小のレバーを使用するという場合は、注意したほうが良いです。大と小のレバーは、それぞれ流れる水量が異なっていて、メーカーが適切な水量で流せるように研究して決められています。そのため大便の時も、小のレバーを使ってしまうと、流れきらないままになることがあるのです。結果、流すのに必要な水量を使っていないために、詰まってしまいます。
トイレタンクに異物を入れない
トイレタンクにペットボトルなどの異物を入れるのは、誤った使用法なので注意すべきです。ペットボトルをトイレタンクに入れることで、水かさが増すため、水が流れる量は減ります。そのため一時的な節約には効果があるのですが、水量が減少してしまうため、詰まりが起こりやすくなるのです。一時的な節約効果があっても、詰まりが起きてしまうと、高額な修理費用がかかるので意味がなくなってしまいます。また、詰まりだけではなく、トイレタンク内の部品に干渉して水漏れなどのトラブルに発展することもあります。フロート弁に引っかかって、弁が開きっぱなしになり、便器に水が流れ続けるということは多いです。トイレタンクに異物を入れることは、節約や節水にならないだけではなく、トイレトラブルの引き金になってしまうのです。

賃貸住宅の場合はトイレの使用年数にも注意

陶器製のトイレは、ヒビが入らない限り使い続けることができます。そのためトイレ自体は、100年以上の耐用年数があると言えます。しかしトイレタンクの中に使用されている部品は約10年、パッキンや排管は約20年で寿命が来ます。そのため築年数が長い住宅で詰まりが頻発している場合は、部品や排管の寿命がきている可能性があるので、一度大家さんや管理会社に確認してみましょう。

TOPボタン