そのトイレの詰まりは猫砂が原因で起こる症状かもしれません

このような症状に要注意~猫砂を流すことで起こるトイレの症状~

トイレ

日常的に猫砂をトイレに流している場合は、排管の奥で詰まりが起きている可能性があります。そうなると、ラバーカップを使用しても、詰まりは解消できません。深刻化したトイレの症状は、水道修理業者に依頼しましょう。

トラブルの前兆を理解しておく

トイレが詰まる前兆には、様々な種類があります。前兆の種類によって求められる対処が異なります。

水位の変化
レバーを引いて、水を流すと便器ギリギリまで水が溢れて驚いたという人は多いでしょう。この状態でさらに水を流すと、溢れ出てしまうので注意する必要があります。若干の詰まりなら、少しずつ水位が下がっていきます。しかし完全に詰まっていると、時間が経っても水位は下がらないどころか、上がることもあります。少しずつ水位が上がっている場合は、浸水することを先に見越して、周囲に新聞紙やビニールシートを敷き詰めておくと安心です。
水の流れの変化
水がいつものように流れていかないという場合は、異物が詰まって水の流れを止めている可能性が高いです。その状態を改善するためには、異物を溶かしたり引き戻したりして、水が流れる隙間を作る作業が必要になります。ラバーカップやお湯、洗浄剤など対処法は色々ありますが、詰まりの原因によっては状態が悪化することもあるので、気をつけたほうが良いです。どうしても流れない時は、灯油用の吸い出しポンプなどを使って便器から水を抜き、手を入れて詰まりの原因を取り除くという方法もあります。
異音
水を流した際に、「ゴボゴボ」という音がするなら排水管の先が詰まっている恐れがあります。排水管が詰まり、水があまり流れないようになると、空気だけが上がり異音がするのです。トイレや浴室、キッチンなどの汚水が1つの排水管にまとめられている家は、排水管が詰まった時に逆流してそれぞれに汚物が上がってくることもあります。このような場合は自力で修理すると悪化しかねないので、水道修理業者に依頼して専門的な作業をしてもらいましょう。

水道修理業者を利用する目安とは?

ラバーカップでの応急処置は3分を限度としてください(水道修理業者)

トイレ詰まりでよく使われているラバーカップですが、3分以上は使わないようにしてください。3分以上使用しても、直せない場合は、重症なケースが多いです。また、猫砂や不要物などの詰まっている物質をさらに奥に押し込んでしまう可能性もあります。詰まりを悪化させないためにも、ラバーカップの使用は3分を限度にして、それでも直らない場合は水道修理業者に連絡してください。

頑固な詰まりの対処法とは~プロの作業を拝見~

水道修理業者に依頼すれば、素人では真似出来ないような方法で対処してくれます。ここでは、プロが実際に行なっている対処法を紹介します。

水道修理業者が行なう詰まりの直し方

ワイヤーブラシを使用した修理
ラバーカップを使用しても、詰まりを解消できない場合は、ワイヤーブラシを使って修理していきます。ワイヤーブラシとは、針金でできたブラシのことです。クネクネした形状になっていて、その部分を使うことで、詰まっている部分をほぐせるようになっています。業者用のワイヤーブラシは固いため扱いづらいので、技術力が必要になります。
高圧洗浄機を使用した修理
頑固な固形物が詰まりの原因となっている場合は、高圧洗浄機を使用して修理を行ないます。市販されている高圧洗浄機もありますが、業者用の高圧洗浄機は非常に威力が強いです。そのため詰まった汚物を一気に圧力で分解して、詰まりを解消することができます。
トイレ分解による修理
トイレ給水管の止水栓を閉じて、ウォーターポンププライヤーを使ってロータンクの給水管や排水管を外します。そして、石油ポンプを使ってトイレ便器内の水を全て抜きとったら、便器を固定しているナットを全部外します。ロータンク、便器の順に取り外して、詰まりを見つけたらホースで流して取ります。
排水管の確認
排水管で詰まりが起きている場合もあるので、排水管の中に異常がないか確認することもあります。詰まりがある場合は、ワイヤーブラシやや高圧洗浄機を使って、通りを良くします。

非常に専門性の高い修理となる

このように水道修理業者が行なう修理方法は、高度な技術力と専門的な知識が必要な作業になります。素人が真似をして修理をすると、パッキンを傷つけて、他のトラブルの原因になる恐れがあります。そのため熟練した職人が在籍している水道修理業者を利用したほうが良いのです。

猫砂による詰まり修理で気になる費用について

水道修理業者に依頼すれば、猫砂による詰まりを解消できますが、依頼する際に気になるのが費用です。ここでは、その気になる費用について説明します。

トイレ詰まり修理の費用相場とは

詰まりの修理は、正確な金額が設けられていません。症状の大きさによって修理費用は変わってきます。猫砂をトイレに流していた期間や頻度などによって、修理工程も違ってくるので事前にしっかり見積もりをとりましょう。

  • 軽度の詰まり:5,000円~7,000円
  • 中度の詰まり:10,000円~18,000円
  • 高度の詰まり:10,000円~50,000円
  • 排水管詰まり:7,000円~15,000円
  • 排水管洗浄:15,000円~38,000円

その他に様々な費用が加算されることも

水道修理業者に依頼した場合、作業料金と基本料金、作業日費が発生します。さらに、修理の内容によっては交換部品代や廃材諸経費、特殊作業費などがかかることもあります。そのため作業料金が安くても、その他の費用が高いというケースもあります。水道修理業者を利用する際は、作業料金だけではなく総額を計算して比較、検討しましょう。

実際に猫砂による詰まりを業者に依頼した人の体験談

痛い出費となりました・・・(会社員)

私は猫を飼っていて、いつもトイレに流せる猫砂を使って、排泄物を処理していました。ある日の深夜、猫砂を流すと奥に詰まり、便座いっぱいに水が溜まっていまいました。焦った私は再度水を流してしまい、水が溢れてしまいました。水が下がっていく様子が全く無かったので、水道修理業者に連絡しました。深夜にも関わらず、30分程度で来てくれました。作業を始めてすぐに詰まりは解消されたので、安心したのですが、修理費用が高く大きな出費になりました。費用の内訳としては、基本料金が5,000円で詰まり除去の作業費が15,000円、マグネットチラシによる割引が3,000円で、合計17,000円でした。

TOPボタン